病院紹介

一般財団法人黎明郷 理事長 保嶋 実

「質の高い医療・リハビリテーションを実践し、地域社会の保健医療福祉に貢献します」、これが弘前脳卒中・リハビリテーションセンターの母体である財団法人黎明郷(昭和41年4月設立)の一貫した運営理念です。この理念に基づき平成17年7月に開設した弘前脳卒中センターは、脳卒中医療・リハビリテーション機能の一層の充実を図るとともに黎明郷リハビリテーション病院(平川市)の103床(合計248床)を統合し、現在の弘前脳卒中・リハビリテーションセンターとして装いを新たに平成23年4月からスタート致しております。

当センターは、「1.地域に開かれた病院として脳卒中医療に貢献します。2.活発な地域連携(病病連携・病診連携)を展開します。3.最新かつ最適な医療とリハビリテーションを提供します。4.チーム医療により自立への支援に努めます。5.安全に配慮し、快適な入院環境作りを目指します。6.最新の脳卒中医療情報を発信します。」という六つの基本方針を定め、理念を推進しております。

脳卒中は嘗て致死率の高い病気でありましたが、現在は救命が可能となり、死亡率はがん、心臓病に続いて第3位にまで低下しました。一方、後遺症を残す患者が大幅に増加し、有病率は第1位となり、さらに増加する傾向にあります。また、脳卒中患者の高齢化と重症化により要介護者の40%を脳卒中後遺症患者が占め、大きな社会問題となっています。当センターは、脳卒中の超急性期の先進的な治療から、地域機関との連携を図りながら社会復帰に至るまでの包括的な質の高い医療そしてリハビリテーションの提供を目指しています。津軽地域における脳卒中拠点として名実ともに相応しい病院機能の一層の整備そして充実を図るため弛みない努力を続けてまいります。

脳卒中の克服を合言葉に全職員一丸となって精進し、「質の高い医療とリハビリテーションを安心して受けられる医療機関」として、地域の皆様から信頼され、ご要望そしてご期待に沿えるように歩を進めてまいります。関係各位の皆様の益々のご支援とご協力をお願い申し上げます。

理事長略歴

昭和22年1月 群馬県桐生市に生まれる
昭和46年3月 東北大学医学部卒業
昭和48年4月 東北大学医学部附属病院医員(第二内科)
昭和53年2月 医学博士(東北大学)
昭和54年4月 モナッシュ大学内科研究員(メルボルン)2年間留学
昭和56年4月 東北大学助手(医学部内科学第二講座)
平成元年4月 東北大学講師(医学部内科学第二講座)
平成2年1月 東北大学助教授(リハビリテーション医学研究施設)
平成7年4月 弘前大学教授(医学部・医学研究科臨床検査医学講座)
弘前大学医学部附属病院検査部長
平成15年4月 弘前大学医学部附属病院病院長補佐
平成18年4月 弘前大学医学部附属病院副病院長
平成23年4月 財団法人黎明郷 理事長
認定医 日本内科学会認定内科医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本腎臓学会腎臓専門医、指導医
日本高血圧学会専門医、指導医
日本臨床検査医学会臨床検査専門医
日本リハビリテーション医学会認定臨床医
インフェクションコントロールドクター(ICD)